道徳教育について考えよう

道徳の教科化ってどういうこと?

道徳の教科化って?そのメリットとデメリット

日本の小学校、中学校において道徳が教科化されることになりました。 道徳という授業はこれまでにもありましたが、それが教科化するというのはどういうことなのでしょうか。 また、教科化する目的とは何なのでしょうか。 道徳教科化の実施に関する基本情報をまとめました。

道徳の教科化の実施とは

これまでも日本では小学校から、道徳の授業というものがありました。
道徳とはわたしたちの心をはぐくむ大切な時間です。
しかし、2018年から道徳が教科化されることになったのです。
今までとは道徳の授業がどう変わるのでしょうか?
道徳の教科化とは一体どういうことなのでしょうか?

まず初めに、道徳の教科化の目的についてまとめました。
どのような意図で道徳が教科化されることになったのか、また教科化されることで何が変わるのかを調べてみました。
道徳の教科化の基本情報です。

次に、道徳の教科化に伴う問題点についてです。
日本の子どもたちの将来を考えて、よりよい未来のために道徳は教科化されることになったはずです。
しかし、実際にはさまざまな問題点があります。
道徳の教科化について今も議論されている問題点についてまとめました。

最後に、道徳の教科化がもたらすメリットについてです。
理想的な形で道徳の教科化は実施された場合、どのようなメリットがあるのかを調べてみました。
生徒自身、先生たち、親、社会などにとって、どのような影響が期待できるのでしょうか。

既に、道徳の教科化は始まっています。
文部科学省が目指す目標が達成され、みんなにとってよかったと思えるように進むことができるかが今後の課題です。
私たちみんながこの新しいスタートに対して問題意識を持って、改善点があれば声を上げていくことが必要です。
そうすれば、問題点が減り、うまく施行されていくのではないでしょうか。

道徳の教科化に伴う問題点

文部科学省の決定により、小学校中学校で道徳の授業が教科化されることになりました。 国は、日本の子どもたちの将来をよりよくするために行っています。 しかし、実際にはさまざまな問題点があり、今もなお議論されています。 道徳の教科化にはどのような問題点があるのでしょうか。

道徳教科化がもたらすメリット

道徳を教科化する大きな理由は、子どもたちのよりよい教育のためです。 また、子どもたちの明るい未来のためとも言えます。 そんな道徳の教科化がうまく実施されていくと、どのようなメリットがあるのでしょうか。 生徒たちはもちろん、他の方面にはどのような影響があるのかも考えてみました。