この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

道徳の教科化って?そのメリットとデメリット

学校教育での道徳教科化スタート

道徳という授業は、誰もが受けたことがあるでしょう。
その内容を覚えていますか。
道徳の教科書で読んで、みんなでその内容を話したり、自分の考えを作文に書いたりしたのではないでしょうか。
昔から教科に道徳はあったじゃないか、とお思いの方もいるでしょう。

では、道徳の教科化とは一体どういうことなのでしょうか。
2018年の春から小学校で、2019年の春から義務教育課程での道徳の教科化が始まります。
教科化で何が変わるのかというと、先生による評価がされるのです。

道徳の授業というと、国語や算数と違ってテストもないし、成績には関係ないので真剣に授業を受けていなかった子どももいるかもしれません。
しかし、教科化されることでそういうわけにはいかなくなるのです。

道徳の教科化の目的

なぜ道徳が教科化されることになったのでしょうか。
その目的について調べてみました。

道徳の教科化を決めたのは、文部科学省です。
したがって、その決定に従って義務教育である小学校、中学校は対応しなければなりません。
文部科学省は、「考え、議論する道徳」というテーマを掲げています。
教科化をすることで、生徒たちがより積極的に道徳の授業に取り組み、自分なりに考えを深めるようになるでしょう。
そして、それをクラスメイト達と話し合い、相手の考えを聞いたうえでさらに自分の考えを見つめ直すことができます。

道徳の教科書の内容としては、「礼儀、節度・制約」など、20ほどの目標について取り上げなければなりません。
社会に出ていくためには必要な知識、考え方でしょう。